お知らせ

お知らせ

2017/4/18

オルガンレクチャーコンサート シリーズⅩⅢ  第1回のお知らせ 【終了しました】

立教女学院キリスト教センター主催 文化財で聴く
オルガンレクチャーコンサートシリーズ

〝楽器としての聖マーガレット礼拝堂″
オルガンコンサートチラシ2017

オルガンコンサートチラシ

 

第1回
「元立女リツジョのリケジョが紐解くオルガンの音響学

 

日   時:  2017年5月27日(土) 14時(13時半開場)

第2回「アメリカの宣教師たちの教会建築‐バーガミニを中心に -」は
2017年10月9日(月/祝)に開催

出   演:   坂本 優美子(ブリュエル・ケアー・ジャパン アプリケーションエンジニア)

岩崎 真実子(立教女学院オルガニスト)

曲   目: バッハ『ライプツィッヒ・コラール』より

「いと高き神にのみ栄光あれ」「我、汝を離れじ」  他

入 場 料: 2,000円(全席自由)  ※就学前のお子様の入場はご遠慮ください

  (5月と10月の通し券¥3,600もございます)

お問合わせ: 立教女学院キリスト教センター

tel. & fax. 03(5370)3038 (月火木金9:30-17:00)

担当不在の場合は留守電にご連絡先をお入れください。
折り返しお電話いたします。

*なるべくご予約ください。(チケットは当日精算です)

*チケットセンター等での取扱いはありません。

 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~~*~*~*~*~*

 聖マーガレット礼拝堂のオルガンレクチャーコンサートが今年も開催されます。

 第1回(5月)は、1998年のオルガン設置時に高校生としてオルガンの代替わりを目の当たりにしたことをきっかけに、音響学の世界に進まれた同窓生・坂本優美子さんのお話をお聴きいただきます。パイプがどのように響くか、パイプから出た音が礼拝堂の中でどのように響くのか、わかりやすい資料に基づきご説明します。第2回(9月)では、秋は建築史研究者の田中厚子さんをお招きし、J. W. バーガミニによって1932年に設計・建造された聖マーガレット礼拝堂ほか、アメリカからの宣教師により日本に建てられた様々な教会建築について、映像も用いながら解説いただきます。

 なお、2005年より続いてきたレクチャーコンサートですが、このシリーズとしては今年度が最終回となります。最後はオルガン、そして「オルガンという楽器の一部である」礼拝堂に思いをはせての企画といたしました。

 お誘い合わせのうえ、是非おいでください。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~~*~*~*~*~*

*1932年に建立された聖マーガレット礼拝堂は2006年3月に
杉並区指定有形文化財(建造物)に指定されました。

上記内容の印刷はこちら → オルガンレクチャーコンサート シリーズⅩⅢ 第1回のお知らせ

ページの先頭へ
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • 交通アクセス
  • 関連リンク
  • サイトマップ
  • このサイトのご利用にあたって/個人情報の取扱いについて