お知らせ

お知らせ

2012/6/22

「オルガンレクチャーコンサートⅧ」第2回のご案内

立教女学院キリスト教センター主催
聖マーガレット礼拝堂 文化財で聴くオルガンレクチャーコンサートシリーズⅧ

〝楽器の王様 オルガン″

第二回 「オルガン弾きの秘密 -オルガンはこうやって弾かれる」

オルガンレクチャーコンサートⅧポスター

■日時
2012年9月29日(土) 14時(13時半開場)

■出演
岩崎真実子(立教女学院オルガニスト)

■曲目
バッハ トッカータとフーガ二変調 BWV565
バッハ 「バビロンの流れのほとりに」BWV653 他

■入場料
2,000円(全席自由)就学前のお子様の入場は不可

■お問合わせ
立教女学院キリスト教センター
TEL & FAX 03 (5370) 3038 (月火木金:9:30~16:00)
*なるべくご予約ください。(チケットは当日精算です)

担当不在の場合は留守電にご連絡先をお入れ下さい。
折り返しお電話いたします。
*チケットセンター等での取扱いはありません。

春に行われた「楽器の王様 オルガン」第1回のコンサートには、多くのお客様にご来場いただきました。ありがとうございました。

9月には第2回『オルガン弾きの秘密』を開催いたします。本学オルガニストの岩崎真実子が、「2台と同じものがない」様々なオルガンを紹介し、バッハのトッカータとフーガ二短調を用いて、自身の「ストップ選び=音色を作る作業」を具体的にご披露しながらのレクチャーに挑みます。

また、このコンサートは7月に発売したCD、岩崎真実子「バビロンの流れのほとりに」の発売記念コンサートとし、演奏解説と合わせて収録曲をお届けいたします。

お誘い合わせのうえ、是非おいでください。

*1932年に建立された聖マーガレット礼拝堂は2006年3月に杉並区指定有形文化財(建造物)に指定されました。