お知らせ

お知らせ

2015/4/1

オルガンレクチャーコンサート シリーズⅩⅠのご案内

立教女学院キリスト教センター主催

 

聖マーガレット礼拝堂 文化財で聴くオルガンレクチャーコンサート 

シリーズ〝オルガンという楽器 

第一回 「物理学者が見たオルガンの魅力 ‐オルガン調律法の秘密 -」

⇒ チラシはこちら

立教女学院聖マーガレット礼拝堂では今年もオルガンレクチャーコンサートが開催されます。

第1回(5月)は、つくば市にある高エネルギー研究機構教授であり、また、ご自身も趣味でパイプオルガンの製作を手がけられている三橋利行氏をゲストにお迎えし、「調律法」を取り上げながら、音の世界の奥深さを語っていただく予定です。1オクターブの中の12の音をどのように置いていく (=音階を作る/調律をする) か?歴史的にいろいろな方法が編み出されてきました。その一端をご紹介して、ふだん本礼拝堂では用いない調律での演奏も実際にお聴きいただきます。

第2回(9月)では、パイプオルガンの楽器の一部ともいえる「空間と響き」に焦点を当てます。日本や世界各地のオルガン録音や教会撮影を続けている小川洋氏の協力のもと、実際に世界各地にあるオルガンの画像や音響にも触れ、「一つとして同じものがない」オルガンの特性を感じていただきます。お誘い合わせのうえ、是非おいでください。

日   時: 2015年5月30日(土) 14時(13時半開場)

(第2回「いろいろなオルガン‐世界オルガン紀行 -」は2015年9月26日(土)に開催)

出   演: 三橋 利行 (理学博士/高エネルギー加速器研究機構教授)

        岩崎 真実子(立教女学院オルガニスト)

曲   目:ブクステフーデ  プレリュード、フーガとシャコンヌ  ハ短調

        ブルーンズ    プレリューディウム ホ短調         他

入 場 料:2,000円(全席自由) 就学前のお子様の入場はご遠慮ください

                (5月と9月の通し券¥3,600もございます)

お問合わせ:立教女学院キリスト教センター

                  tel. & fax. 03(5370)3038(月火木金9:30-17:00)

なるべくご予約ください。(チケットは当日精算です)
担当不在の場合は留守電にご連絡先をお入れください。
折り返しお電話いたします。

    チケットセンター等での取扱いはありません。 

 

*1932年に建立された聖マーガレット礼拝堂は2006年3月に杉並区指定有形文化財(建造物)に
指定されました。