お知らせ

お知らせ

2015/8/1

杉並区立郷土博物館分館企画展「戦争を語り継ぐ」【会期終了】

杉並区立郷土博物館分館で開催中の、杉並区戦後70年事業 分館企画展・区民参加型展示
「戦争を語り継ぐ」に、立教女学院資料室から、戦時中の資料を提供しています。(8月30日まで)

【立教女学院提供資料】
・ 日本軍の高射砲弾弾頭 1点(校庭に落下したと伝えられているもの)
・ 米軍戦闘機の銃弾    2点(高校校舎に撃ち込まれたと伝えられているもの)
・ 天文航法の計算作業に用いた計算尺 1点(生徒が学内の海軍水路部に動員された際に使用したもの)

「戦争を語り継ぐ」チラシ_01詳細はこちらをご覧ください→  チラシPDF

杉並区立郷土博物館催し物のご案内

その他、杉並区内の小学校の学童疎開を伝えるコーナーに、立教女学院小学校の疎開児童の集合写真(別所村つる屋旅館前)が展示されています。

杉並区の戦時下の状況がよくわかる展示となっています。夏休みにぜひ足をお運びください。
(荻窪駅から徒歩10分、立教女学院から荻窪駅行のバスで四面道下車徒歩7分、天沼弁天池公園内)