お知らせ

お知らせ

2015/11/12

大石芳野写真展「戦争は終わっても終わらない」共催について

立教大学キリスト教教育研究所主催 大石芳野写真展「戦争は終わっても終わらない」に、
立教女学院短期大学は共催しています。詳細はこちらをご確認ください。→立教大学ホームページ

大石芳野写真展チラシ

写真展チラシ

 写真展の開催に先駆け、短期大学の「いのちと心」(若林学長担当)の授業の中で、
大石芳野氏にご講演いただきました。

現代コミュニケーション学科、幼児教育科の学生160名を前に講演する大石氏

写真集『戦争は終わっても終わらない』(藤原書店)から、戦争を体験した人々の「今」を記録した写真とエピソードをご紹介いただきました。
学生たちは、真摯に耳を傾け、いのちと心について思い巡らせていました。

用紙いっぱいに記された学生の感想用紙いっぱいに記された学生の感想

【授業後に寄せられた学生の感想より抜粋】
「笑顔を見せて写っている人の話も、やはり辛い体験だったので、
笑顔の裏にはこんなにも悲しい出来事があったのかと思うと自然に涙が出てきました」
「“もう二度と繰り返さないように”この言葉を忘れずに次に伝えていく義務をしっかりと感じました」
「他人事ではないことも、同じ太陽の下で戦争が起こっていることも、知っておくことが大切」
「写真に、その時の情報や感情が記録されており、絶対にこれからもつないでいきたいと思った」

現在、短期大学図書館では、大石芳野氏のコーナーを設け、閲覧や貸出がしやすいようにしています。
キリスト教雑誌『あけぼの』で、若林学長が大石芳野氏にインタヴューした過去の記事も掲示しています。

短期大学図書館入口に設けられた大石芳野氏のコーナーの前にて

短期大学図書館入口に設けられた大石芳野氏のコーナーの前にて